ストーリー

母親を殺してしまった高校生のアリカは、母の弟である伯父おじに助けを求める。死体を積んだ車に乗って、二人の逃避行は始まった。なぜアリカは母をあやめたのか。そして、二人が行き着く先は——。

THE GATE事務局長・笠井より

母親を殺害しためいと叔父による「逃亡劇」を圧倒的なセンスで描いた秀作。淡々とした抑制の効いた演出が、不穏な雰囲気を盛り上げていて最高でした。「この二人の行く末」という「ベタ」な展開が描けるようになれば、この作者の方は“無敵”だなと思えました。

担当編集より

作者にはストーリーを作るセンスがあり、自分の描きたい世界がある。今後はそれをどう表現したら、読者に読んでもらえるか、連載作品としてつなげられるかを一緒に考えたい。


もう森へはいけない(2018/10/23)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

吉川マモル(よしかわ・まもる)
宮城県・25歳