終電ちゃん 【第67回ちばてつや賞入選作品】(2015/07/09)

【お知らせ】

第67回ちばてつや賞一般部門入選作品『終電ちゃん』は、2015年7月9日発売の「モーニング」32号での受賞作の読み切り掲載が大反響につき、9月3日発売の「モーニング」40号より連載がスタートしました。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 作品情報
  • 感想を送る
  • 更新情報

ストーリー

深夜の新宿駅。今日も終電をひきつれて、「終電ちゃん」がやってくる。
皆を終電に乗り込ませる中央線の終電ちゃん。だが、最後に駆け込んだOL・京子は、男と別れたらしく、行くあてもなく、高尾駅までついてきてしまう。そんな彼女を見て、終電ちゃんは——。

ちば先生より

キャラクターを描き分ける力量はあるし、背景や雰囲気の描写など、表現力はプロ級ですね。終電ギリギリまで頑張る人々を、凛として見守る「終電ちゃん」は微笑ましい。ただ、絵がリアルなだけに、「終電ちゃん」という存在が擬人化された終電の象徴なのか、それとも本当にいるのかと読み手を迷わせてしまうところがあるね。

受賞のことば

入選に選んでいただきここまで評価いただいた皆様に心から感謝しております。ですが、大賞を獲れずにくよくよしています。精進します。(藤本氏)

担当編集より

不思議な高揚感と一体感がある「終電」を擬人化し、人間ドラマを絡めた作品です。会いたくなるキャラクター、終電ちゃんが最大の魅力です。


プロフィール

藤本正二
藤本正二(ふじもとしょうじ)
第67回ちばてつや賞一般部門にて、『終電ちゃん』が入選を受賞。『終電ちゃん』が初の連載作品となる。

作品紹介ページへ

単行本情報 »

  • 終電ちゃん (1)

    モーニング

    終電ちゃん (1)

    藤本正二

    発売日:2016/03/23
    定価:本体570円(税別)

単行本の一覧へ