ストーリー

高校時代に出会ったある少女のボーカルに衝撃を受け、大学でバンドを始めた奏太郎そうたろう。1年後、偶然にも新入生となった彼女と大学で再会。これは運命! と迷わずバンドに誘うが、彼女は聴覚障害のため歌うことをやめていた…。

選評

冒頭とラストのライブシーンは全くセリフも擬音もないのに、音楽が聞こえてくるようで、巧みな表現に驚きました。主人公とヒロインの気持ちのつながりも丁寧にみずみずしく描かれていて、実に完成度の高い読み切りでした。人物と背景のメリハリがもう少しあるとより原稿が読みやすいかもしれません。(編集部員・笠井)


残響交響曲(2018/12/06)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

kinomi(きのみ)
千葉県・24歳