ストーリー

漫画家志望の男の子、シュウ。成人式前日に友人と再会した彼は、他愛たあいのない昔話に花を咲かせる。成人式で会いたい人はいるかと聞かれたシュウは、「好きな人がいた」小学生時代を思い出して…。

選評

演出、うまいですね! 登場人物のちょっとした仕草、表情にリアリティがあり、読んでいてドキドキしました。また「つかみ」がある扉も素晴らしい。「読ませる」意識が強くあるのは、すごくいいことですよ!(編集部員・小松)


好きな人がいた(2019/03/14)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

ヒトトセシキ(ひととせしき)
京都府