ストーリー

小学生のコウキは、お風呂が好きだった。なぜなら、湯船に潜ると、ミズキという少年に会えるから。けれど、父が家を出て、母が働き始めると、ひとりぼっちの時間が増えコウキの心は傷ついていく。そんなコウキをミズキは水中から一生懸命励ますのだが…。

選評

不思議な設定をさらりと読ませてしまう演出力と特徴的な絵が印象的でした。すでに自分のスタイルを持っている人ですよね。でも、淡々と「別れ」を描くだけでなく、もう一歩踏み込んでコウキの感情の襞(ひだ)を浮き彫りにしてほしかったです。気になる漫画ではなくて記憶に残る漫画を描いてほしい。それができると思います。(編集長・宍倉)

一つ一つのコマに漫画ならではの構図の工夫が凝らしてあり、飽きずに最後まで読ませて頂きました。褒めすぎですが、ちばてつや先生の漫画を読んでいる気分でした(コマの構図だけですよ!)。これからも工夫と努力を忘れないで下さい!(編集部員・小林)

「乾いたスポンジが水を吸うように」という表現を、人生でも実感する機会はなかなかなかったのですが、この原稿を見た瞬間に、この方の成長のスピードに驚愕しました。前作も拝見していますが、構図、キャラの線の描き方、影の付け方一つにしても、飛躍的に上達しています。次は「読者に楽しんでもらえるもの」を意識して、さらなる高みを目指していきましょう!!(編集部員・宮川)


水中より愛をこめて(2017/04/06)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

モイタナナミ(もいた・ななみ)
東京都・19歳