ストーリー

「海には得体の知れぬものがおる」海女あまとして50年潜り続けた婆様からの忠告——。今日も変わらず、海に潜る若い海女たちが海中で見たモノとは……?

選評

伝えたいことを的確に見せることはとても難しいものです。多くの新人漫画家がぶちあたる最初のハードルを作者は初投稿ながら易々と乗り越えて見せました。スケールの大きさを感じさせる物語といい将来が非常に楽しみです。発展途上の線と絵は、漫画に説得力を持たせるために改善していく必要があります。次作に大いに期待!(モーニング編集長・宍倉)

海の中の浮遊感とか自由さや不自由さが絵で表現されているのがいいなぁと思いました。これだけ人物が描けるのに背景があまりにも白いのがすごく残念です。背景が入っていれば作品のクオリティがさらに上がる。しっかりと絵が入っている状態でもう一度読みたいです。(編集部員・吉原)

初めて描いた漫画で、これだけスケールの大きな話を展開できたのが素晴らしい。海を舞台にした作品ですが、著者が「海とは、どこか捉えどころのない、恐ろしい空間である」と考えていることが、しっかり伝わってきました。あとは、それを紙とペンでいかに表現するかという技術の習得の問題です。まずは好きなものを、描きまくりましょう。(編集部員・寺山)


遭遇(2016/06/16)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

山下友(やました・ゆう)
愛知県・22歳