ストーリー

中小企業のデザイン課で働く天谷あまや。彼は結婚し子宝にも恵まれていたが、仕事に忙殺されるばかりの毎日に、やるせなさを感じていた。そんなとき、小学生の同級生から電話がかかってくる。「タイムカプセルを掘り返そう」という誘いだったが、天谷は小学生時代の自分の宝物がなんだったか、どうしても思い出せず…。

選評

息をのむ緻密な描き込みとたくみなトーンワークは新人とは思えないレベルで、まさに圧巻。この作画密度は武器になると思うので、力の抜き方を覚え、画面にメリハリをつけられるようになれば、さらに魅力的な作品が描けるはずです。キャラの表情も的確に描き分けられていて、主人公の気持ちが手に取るように伝わってきました!(編集部員・塙)

卓越した画力と絵の表現力に度肝を抜かれました。以前の応募作より読みやすさも増しており、人物の心情も丁寧ていねいに描けています。あとは、画面の引き算を意識するだけで、より良い作品が描けるようになると思います。絶対にプロになってほしいです。モーニング編集部でお手伝いさせてください。(編集部員・寺山)

心洗われました。長らく漫画編集に携わってきた(あまり売れない漫画をたくさん担当した)人間の思い入れが過ぎるのかもしれませんが、主人公の宝物に心震えました。大人の読み物として成立していました。一度アシスタントに入って原稿の描き方を整理して連載に向けて頑張ってほしいです。(編集長・宍倉)


少年天谷(2018/03/15)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

石田点(いしだ・てん)
漫画愛が胸を打つ感動作『少年天谷』にて月例賞「モーニングゼロ」2018年1月期奨励賞を受賞。
超絶技巧を駆使した画面作りは新人離れしており、編集部も驚愕の逸材。本作『テロール教授の怪しい授業』でいよいよ連載デビュー。