ストーリー

高校から大学までをオーストラリアで過ごしたなつみは、帰国してからの就職活動に苦労していた。ある日、パキスタン人の社長と出会い、なんやかんやで仕事の打ち合わせに同行することになったが——。

選評

作者のサービス精神をそこかしこに感じ取れる作品でした。就職活動に失敗した作者の実体験をベースにした、これでもかと詰め込まれたエピソードの数々は最後まで読み手を飽きさせません。ページ数が多いためにテーマがぼけてしまった印象ですが、読み手を楽しませようとする姿勢、情熱は作者の強力な武器になるはずです。(モーニング編集長・宍倉)

実体験をもとにしたエッセイ漫画なのか、フィクションとして描かれた作品なのかが曖昧で読み手を混乱させそうです。実体験なら核となるエピソードを決めて、数話に分けたショートエッセイとして作った方がわかりやすかったのでは? 日常からネタを見つけ、漫画として膨らませる力は高く評価します。今後の作品が楽しみです。(編集部員・河本)

実体験をもとに漫画を描く難しさをがんばってクリアしようとしている作品だと思います。テンポがよいので、セリフやページ数が多いわりに読みやすかったです。前半と後半で違うジャンルの漫画になっているのが良いのか悪いのか、判断が難しいところかな、と。個人的には、パキスタン人の社長の面白さをもっと読みたくありました。(編集部員・上甲)


社長はパキスターニ(2016/05/19)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

なつみ理奈(なつみりな)
東京都出身。高校から大学まではオーストラリアに在住。現在、漫画サイト「くらげバンチ」にて『ハーフ&ハーフな女たち』を連載中。