ストーリー

主人公・あかね(中1)は、ろくろっ首の9人家族の次女。そのことを世間に秘密にしていたのだが、父の転勤で引っ越しが決まり、あかねは親友にその秘密を明かしてしまう——。

選評

今回の応募作の中で一番読者を楽しませようとしている作品でした。コミカルなキャラクター、設定を活かしたストーリー展開が良かったです。一方、絵については向上の余地を感じました。特に背景。さらっと描くのではなくて丁寧にしっかり描きこむことで、情報量が増して物語にリアリティーを持たせてくれると思いますよ。(モーニング編集長・宍倉)

ドキッとするオープニングや親友・なっちゃんの表情、家族で東京の海を眺めるシーンなど、“絵で魅せる”楽しさをしっかり味わえました。コマ割りもとても読みやすい。登場人物たちのホンワカぶりはとてもいいのですが、あかねには「ろくろっ首であること」以外の、主役としての魅力が足りないように思いました。(編集部員・寺内)

多感な中学1年生が、家族全員がろくろっ首という秘密を抱えながら、親友と別れなければならないという少し悲しい展開なのに、家族の明るいやり取りが微笑ましい作品でした。9人の家族の描き分けが甘く人物を把握するのが難しかったですが、一方で出てくる人物がいい人ばかりなので最後まで安心して読めました。読後感がとてもよかったです!(編集部員・福永)


のびのび家族奮闘記(2016/02/10)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

きはらゆりこ
きはらゆりこ(きはらゆりこ)
兵庫県出身。『のびのび家族奮闘記』でモーニングゼロ2015年12月期佳作を、『女心と秋の遭難。』で第2回THE GATE一色まこと賞を受賞したモーニング編集部期待の新人。極度の人見知り。