ストーリー

就活がうまくいかないユキは、気乗りしないまま父親の家業を手伝うことに。書画の修理を請け負う表具師である父親の「慌てても仕方ない」という口癖にイラつくユキだが……。

選評

表具師という馴染みのない世界を丁寧に描写しての受賞です。手を抜きがちな背景を丁寧に描くことが、作品世界のリアリティーを保証してくれます。そのお手本のような作品でした。表具師の父親はとても魅力的なキャラクターでしたが、主人公である息子が作品の中心にいないことが残念でした。次は魅力的な主人公キャラを!(モーニング編集長・宍倉)

非常に完成度が高い作品だと思いました。題材にしている「表具屋」の情報も程良く入れて描けている。一方で、父親が「ゆっくりしてたらいいんじゃない」という答えを最初に提示し、それを受けいれるまでを描くという構造であるゆえ、主人公が何をしたのか印象が薄い。そこが残念です。(編集部員・宮本)

人物も背景もとても丁寧に描かれていて、好感が持てる。物語に関しては、学習漫画的になりがちな「世の中の人があまり知らない分野」を、物語として読ませるようなドラマに仕上げており、「まったり」したテンポが心地よい。ただ、主人公のキャラが弱い! 印象に残るキャラ付け(内面を掘り下げる作業など)を!(編集部員・柳川)


まったりひょうぐ(2016/06/16)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

まことしん(まこと・しん)
京都府・26歳