ストーリー

神聖ローマ帝国皇帝ヨーゼフ2世はお忍びで訪れたパリで蝋人形師と出会う。求められるままモデルになった彼は、思いがけない発見をする。

選評

知的好奇心をくすぐられながら作品世界を旅してしまう。そんな面白さがありました。硬質な絵、抑え気味の演出も作品の雰囲気に合っていました。無理してキャラクター中心の漫画にする必要はありませんが、次の作品はどこかに人間ならではの暑苦しさや不思議さをしっかりと描いてほしいと思いました。(編集長・宍倉)

最後のネームを読み終わった時、「面白い!」と思わず声をあげてしまった。映画を1本読み終わったかのような読後感。今回の投稿作の中で「大人が楽しめるエンタメ部門」があったとしたら、この作品がピカイチだったと思う。人物の表情が硬く感じられたので、しなやかな線で人物を描けるように練習してもらいたい。(編集部員・上田)

なじみのない世界にもかかわらず、感情移入して読めました。非常に良く練られた作品だと思います。一方で、キャラクターの造形や、表情の硬さが気になりました。雑誌に掲載されたときに、埋もれてしまう可能性があります。好きな俳優など、実在の人物を描く練習をしてみると良いのではないでしょうか。(編集部員・高橋)

受賞のことば

電話で結果を聞いた時びっくりし過ぎてリアルに「腰が抜ける」という体験をしました。物心ついて以来の「漫画家になる」という夢に近づけて嬉しいです! 漫画でないと描けないもの、漫画の面白さをこれからずっと追い求めて行きたいです。支えてくれた人に恩返しするためにも頑張ります。(かやま ゆう氏)


皇帝陛下の蝋人形師(2016/11/10)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

かやま ゆう(かやま・ゆう)
東京都・33歳