ストーリー

高3の2学期、山田にはやりたいことがない。ルックスも良くない、目標もない、かといってがんばるでもない。ないない尽くしの山田のもとに、高校最後の文化祭の季節がやってきた——。

選評

キャラクターたちのセリフが良くて、彼らの気持ちに乗って読むことができました。選考会で誰かが言っていた「最初イヤな奴と思っていた主人公を最後は好きになった」という評はその通り。絵はもっと頑張りましょう。どんなイヤな奴にもどこかに愛嬌あいきょうはあるはずです。それを探し出して絵にしてください。(モーニング編集長・宍倉)

将来の悩みを抱える主人公が人との出会いで変わっていく、その流れが自然で、強く共感して読むことができました。主人公以外の登場人物もチャーミングで、作者がキャラを「こま」ではなく、「生きている人」として描こうとしている姿勢が感じられました。ただ、顔のアップが多いので、画面作りを意識するとなおよいと思います。(編集部員・宮川)

いや~、面白かった! 37ページの中に、主人公の感情がとにかくたくさん出てくる。喜怒哀楽全部乗せ! そしてコロコロ変わるその感情の変遷にまったく違和感を抱かないのは、ドラマが上手うまく作れているから。見せ場がいくつもあって、場面作りも上手。将来がとても楽しみな作家さんだと思います。(編集部員・平野)


CRAZY FOR YOU(仮)(2016/07/14)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

とよのの鱗(とよのの・りん)
兵庫県・28歳