ストーリー

死んでしまったものの、三途の川を渡るための船賃を持っていない主人公は、花魁・一之瀬の案内のもと、鰻屋に弟子入りする。美しい一之瀬に心惹かれつつ修行に励む主人公だったが、鰻屋の主人に一之瀬の話をしたところ、主人の顔色が変わり…。

選評

「艶やかな人物が描ける」という大きな武器を持っています。原稿も丁寧で、描くペースさえつかめればすぐにでも連載ができそうです。ただ、コマ割りやフキダシの配置など、少し読みにくさを感じる部分があるので、一層読みやすさを意識してほしいです。(編集部員・寺山)

今回の応募作の中では抜群に絵のクリオティが高かったです。江戸の町の背景、着物、女の人のうなじなどこのレベルで表現できる人は連載作家でもなかなかいないかと思います。コマ割りが多少読みづらい部分もありますが、そのあたりを意識して連載を狙ってください。次作が楽しみです。(編集部員・吉原)

漫画としてのストーリーも作れていたし、キャラクターの心情が表情のひとつひとつにしっかりと刻み込まれていて、どういう気持ちで読めばいいのかがハッキリしていて読みやすい。そして色気もあったので素晴らしかったです。早く次の作品が読みたい! これからがとても楽しみですね。(編集部員・冨士)


ありんすじごく(2017/02/16)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

糸川一成(いとかわ・いっせい)
『ありんすじごく』でモーニングゼロ2016年12月期奨励賞受賞。
『ブラック企業新卒 座敷山童子の入社』で第71回ちばてつや賞奨励賞受賞。
『空男ソラダン』で「モーニング」初登場&初の週刊連載となる。