ストーリー

高校生の浅利あさりはじめは、交通事故で意識不明になってしまう。すると、夢の中に悪魔のシュガーが現れ、「生き返らせてあげる代わりに、あなたに不幸を与え、私は四苦八苦する姿を隣で見させてもらう」という契約を持ちかける。目が覚めると、シュガーはなんと、はじめの「嫁」として隣に居座っていた。

選評

どこかで連載をやっていた人じゃないの? と思わせる原稿の完成度でした。コマ割り、セリフともに高いレベルで気持ちよく成立しています。評価がわかれたのはキャラクターの薄さ。作者が思い入れをしてキャラを深掘りするか、読者がキャラに思い入れのしやすい手立てを作るか。もう一度見直してみてください。(編集長・宍倉)

死神系の話だと主人公が結局は不幸になることが多く、悲しい気持ちに沈むのですが、この作品はそうじゃなくてよかった~! と心底思いました。女の子が健気で愛くるしいので、ビジュアルも含め絶対に男性読者ウケするのではないかと想像します。キャラの顔の描きわけを意識してくださればもっと読み手をつかむことができそうです。(編集部員・松尾)

悪魔のシュガーが、見た目も所作もとにかく可愛かわいらしく、必死になる姿に好感が持てる人物だったのが素晴らしかったです。コマ割りなどもとても読みやすく、非常に地力のある作家さんだと思います。長い物語を描くとしたらどんなテーマを持たせるのかなど、お話ししてみたいです。(編集部員・寺山)


悪魔の契約(2018/04/12)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

ソバコネル(そばこねる)
東京都・36歳