ストーリー

夢を諦めてぬるく生きる、すべての大人たちに捧げる物語。一冊のノートとの再会が、主人公・タケシの目を覚まさせる。

森高夕次氏より

前半のストーリー展開はテンポがよく、キャラクターも魅力的に作れていたように思います。ラストはぼやかすのもいいですが、はっきりわかるようなオチを付けてもよかったかもしれません。もしオチをつけるなら、ストーリーの中で、もっと主人公の男の子と女の子を近づければ、話をまとめやすくなるでしょうね。

受賞のことば

描いている間色々と勉強になった作品なので、一定の評価がいただけた事は嬉しいです。 今回見つかった課題は、次の作品に活かしていきたいと思います。(臼倉氏)

担当編集より

なんてことはないコマの、なんてことはないセリフが光る。今後も1コマ1コマ大切にしていってほしい。


イクラリオン戦記(2015/01/16)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

臼倉史(うすくらふみひと)
東京都・34歳