カレー沢薫 負ける技術

「モーニング」「モーニング・ツー」にて、鮮やかな連載ぶりと打ち切りぶりで多大な反響を呼んだプロレタリアート社会派猫ちゃん漫画『クレムリン』を描くカレー沢薫。
リア充を憎み、担当編集者を恨み、過去の自分も処刑する。
傑作『クレムリン』『バイトのコーメイくん』の裏でひっそり濃厚に書きも書いたり、呪詛と後悔に充ち満ちたエッセイ140本。
2011年11月から2013年3月までモーニング公式サイトに連載された伝説のWebエッセイが、ついに書籍化!(2014年1月15日頃発売)
当サイトでは掲載分より冒頭の5話を試し読み公開いたします!

#003 落選から漫画家へ。入社2日目で漫画家へ(2014/01/10)

──2009年8月31日記す

モーニングの新人賞に応募してから数ヵ月、いきなり担当氏から電話がかかってきた。

最初の着信の時は出られなかったのだが、その後、それが講談社の番号と知るや否や、頭の中はカネのことでいっぱいになった。

二度めの着信に喜び勇んで出ると「最終選考前で見事落選」と告げられた。「ヨッシャー! 落選!」と大漁旗を振りかざしながら神輿に乗るわけにもいかず、「……そっすか」としか答えられなかった。

そんな私に担当様は「俺は面白いと思ったんだけどね」と、心底面白くない芸人を降板させるときのような、優しい言葉をかけてくださる。そして、とりあえず新しいネームを2週間で40枚くらい描いて出してこいと命じた。

ちなみに今日は、新しい会社の出社二日めであった。

正直、「ムチャクチャ言いやがるな」と思ったが、しかしよくよく考えれば、生活をムチャクチャにされたくない奴が漫画家になりたいなどとは思わないのであろう。

殴られて倒れ伏したアスファルト上が気持ちよくて朝まで寝てしまうぐらいの神経で、みんな漫画を描いているのでは……と私は推測してその日は寝た。

  • 作品情報
  • 感想を送る
  • 更新情報

公開中のエピソード

プロフィール

カレー沢薫
カレー沢薫(かれーざわ・かおる)
長州出身の維新派。
モーニングの新人賞「MANGA OPEN」に応募した作品が落選ほぼ即モーニング・ツーで連載決定。本名→カレー沢薫、無題→『クレムリン』と改め、晴れて漫画家デビュー。
時間差攻撃によって連載開始の『負ける技術』で、コラムニストとの二足の草鞋を履く。
以来、多数の媒体で連載を抱え、モーニング系には『ひとりでしにたい』で久々の里帰り。

主な作品に『バイトのコーメイくん』、『やわらかい。課長 起田総司』などがある。東京都写真美術館広報誌別冊「ニァイズ」=『クレムリン』出張版(月刊)は長期継続中。

トップ画像に「死にたい」と大きく掲げられた公式ツイッターは、つぶやき約12万発、フォロワー約29000人を誇る。

著者公式サイト「カレー沢薫のHP」
カレー沢薫公式ブログ「猫痙攣」
東京都写真美術館広報誌別冊「ニァイズ」

作品紹介ページへ

単行本情報 »

  • もっと負ける技術 カレー沢薫の日常と退廃 (講談社文庫)

    モーニング

    もっと負ける技術 カレー沢薫の日常と退廃 (講談社文庫)

    カレー沢薫

    発売日:2016/07/15
    定価:本体650円(税別)

  • 負ける技術 (講談社文庫)

    モーニング

    負ける技術 (講談社文庫)

    カレー沢薫

    発売日:2015/10/15
    定価:本体680円(税別)

単行本の一覧へ