カレー沢薫 負ける技術

「モーニング」「モーニング・ツー」にて、鮮やかな連載ぶりと打ち切りぶりで多大な反響を呼んだプロレタリアート社会派猫ちゃん漫画『クレムリン』を描くカレー沢薫。
リア充を憎み、担当編集者を恨み、過去の自分も処刑する。
傑作『クレムリン』『バイトのコーメイくん』の裏でひっそり濃厚に書きも書いたり、呪詛と後悔に充ち満ちたエッセイ140本。
2011年11月から2013年3月までモーニング公式サイトに連載された伝説のWebエッセイが、ついに書籍化!(2014年1月15日頃発売)
当サイトでは掲載分より冒頭の5話を試し読み公開いたします!

#001 オープニングコラム(2014/01/10)

このエントリーをはてなブックマークに追加

──2011年11月×日記す

このたびコラムの連載をさせてもらうことになった。

私の身のまわりで起こったことをリアルタイムで綴っていきたい。

と言いたいところだが、次回よりいきなり 2年前の話が始まったりするのである。これは昔のことばかり鮮明に覚えているという老化現象ではない。

というのもコラム連載の話自体はだいぶ前から立ち上がっており、自分もそれに合わせてコラムを数十本書きためていたのだが、様々な理由(公開直前に私が大麻で捕まったとでも思ってくれれば良い)により開始が延び延びになってしまっていた。

あまりに始まらないので、もう別のところからコラムの仕事が来たらそっちに行ってしまおうかしら、などとも思ったが、幸いにも依頼はまったく来なかった。

今回コラムの企画自体を立ち上げてくれた初代担当氏(パッと見怖い)と、それを公開までもっていってくれた新担当氏(見慣れると怖い)のおかげで開始にこぎ着けることができた。

このような経緯があるため、いきなりバンクーバーオリンピックの話が出てきたとしてもどうか気にせずに読んでいただきたい。

コラムの連載を始めるにあたり、初代担当氏と何について書くか話し合ったのだが、話し合えば合うほど、私には友達もいなければ趣味もなく、テレビや新聞をまったく見ないせいか話題のニュースも知らず、政治に関心がないのはもちろんのこと、抱かれたい芸能人の一人も思い浮かばないという、完全な生きる屍であることが判明するばかりであった。

担当氏もこいつは細く短すぎる、と思ったかもしれないが、そもそもそういう人間に面白いことを書かせようとすること自体が狂っている(連載中に逮捕される、という話題性を狙っていたのかもしれない)。

コラム連載の話をしたのがちょうど夏だったため、高校野球などテーマにしてはどうだろうか、などと言われもしたが、「老けた4歳児」と言われるほど落ち着きがないので、スポーツをじっと観戦するという知的行為ができないのだ。

唯一高校野球とかかわった思い出といえば、高校一年の時、母校の野球部の甲子園予選を強制的に応援に行かされたことぐらいだ。

もちろんその時、人の青春に感化されることなどなく、送迎バス内で村上春樹の『ノルウェイの森』を熟読する、という徹底的な迷走ぶりを見せつけていた。しかもその時かいま見た春樹ワールドに完全に当てられてしまい(初体験で妊娠するくらいタチが悪い)、のちに春樹的言い回しを真似た自作小説を書き始めるところまで行ってしまうのである。

私の青春は高一の夏時点で完全に終わっていたのだな、と今しみじみ思う。

ちなみに私の高校時代の絶頂は、三年の三学期に、ジャージをパクられたことであった。

  • 作品情報
  • 感想を送る
  • 更新情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

公開中のエピソード

プロフィール

カレー沢薫
カレー沢薫(かれーざわかおる)
第26回MANGA OPENに、本名・無題で猫漫画を応募。惜しくも落選したが、ごく少数の編集者の強力な支持により、月刊「モーニング・ツー」で連載決定。自ら筆名をカレー沢薫、題名を『クレムリン』と改める。カルトな人気を獲得し、「モーニング」本誌でもW連載開始。ツーならびにモーニング公式サイトで連載されたコラム『負ける技術』は、単行本発売後、ほぼ即日重版を達成。
現在、月刊「モーニング・ツー」で『バイトのコーメイくん』を好評連載中。その他、他社の他誌でも多数連載を抱える。
2014年5月、「週刊Dモーニング」初のオリジナル連載として『やわらかい。 課長 起田総司』の連載を開始。

作品紹介ページへ

単行本情報 »

  • 負ける技術

    モーニング

    負ける技術

    カレー沢薫

    発売日:2014/01/15
    定価:本体1300円(税別)

単行本の一覧へ