門倉紫麻 漫画家になるための戦略教室

熱意はある。努力もしている。「才能あるよ」とも言われた。
でも、なぜか漫画家になれない——。
そんな漫画家志望者のあなた。
熱意はあって当たり前。努力も言わずもがな。
才能は、確かにあったほうがいい。
でも、漫画家になるためには、それでは足りない
「戦略」が、必要なのです!
漫画ライター・門倉紫麻が、作家陣へのインタビュー、モーニング編集部への
潜入取材を敢行して探った、その戦略とは!?
どこよりも実践的な漫画教室、開校!!

【2限目】 『東村アキコのクロッキー教室』密着レポート [後編] (1/2)(2015/02/19)

かつて自身の故郷・宮崎の絵画教室で、美大受験生たちに絵の指導を行った経験を持つ、東村アキコさん。 そんな東村さんが講師となり、モーニングの新人漫画家たちに「クロッキー」を直接指導するという、夢のような教室が開催されているという。

「クロッキー」とは、モデルなどを素早く描写する「速写」のこと。「スケッチ(写生)」とは異なり、10分程度の短時間で描く。人物の全体像を瞬時に正確に捉え、1本の線で一気に描き上げるための訓練ともいえる。

2014年10月某日、都内にて8時間以上に及び行われた、そのクロッキー教室へ潜入!  そこには漫画の「線」を描くための、実践的戦略があふれていた……!!

あなたの線はもっとうまく、もっと早く、そしてもっとかっこよくなる!!!!

※前編はこちらで公開中です!


『東村アキコのクロッキー教室』予定表

  • 09:30 受講者集合
  • 10:00 東村アキコさんより挨拶
  • 10:15~12:30 クロッキー教室〈午前の部〉(モデルあり/男女2名)
  • 12:30~13:15 昼食
  • 13:30~16:30 クロッキー教室〈午後の部〉(モデルあり/男女2名)
  • 16:30~16:45 クロッキー教室〈中間報告会〉
  • 16:45~19:30 クロッキー教室〈夜の部〉(モデルあり/男女2名)
  • 19:30~20:30 夕食
  • 20:30~ クロッキー教室〈報告会〉(終了次第、懇親会)




13:30~ クロッキー教室〈午後の部〉スタート!

もこもことしたセーターを着た、スレンダーな女性モデルが登場。

「セーターを脱ぎましょうか?」という申し出に、東村さんは「いえ、そのままでお願いします。セーターを描くのもいい機会なので」と答える。

7分からスタートし、5分でも描く。
谷口千昂さんの作品。
※谷口さんのプロフィールはこちらをご覧ください。



続いて現れたのは、背が高く胸板も厚い、ボリューム感のある男性モデル。

華奢(きゃしゃ)な女性モデルの直後ということもあり、人の体はこんなにも違うものか、と気づかされる。
モデルに指示を出すため、自らポーズを取ってみせる東村さん。



トイレ休憩中に受講者に話を聞くと、「時間が空くと、クロッキーを始めたばかりの状態に戻ってしまう!」「これまで何を学んだんだっけ」……と、午前中につかんだものが消えていく感覚を味わっていた。描くことを、頭ではなく「体」に覚えこませていたのだとわかる。

女性モデルがヌードデッサン前の待機中に着ていたのが、下着のような薄いロングワンピース。「その服もいいですね。脱いでいただく前に、それも描こう!」。東村さんは漫画を描く際に参考になりそうな服は、どんどん受講者に描かせていく。

男性モデルが待機中にまとっていた分厚いストールも、再度まとってもらい描く。
青野寧々さんの作品。
※青野さんのプロフィールはこちらをご覧ください。
なきぼくろさんの作品。
※なきぼくろさんのプロフィールはこちらをご覧ください。



続いて東村さんは、女性モデルにワンピースを脱いで、7分、5分、3分、また3分でポーズを変えるように指示。立ったり座ったり、腕を上げたり。

男性モデルも7分を2ポーズ、3分を3ポーズ。

さらに女性モデルが椅子に座って3分を6ポーズ、男性も3分を……と、モデルのポーズがどんどん変化していくのを、みんな必死で追いかける。
河部真道さんの作品。
※河部さんのプロフィールはこちらをご覧ください。



続けてたくさんのポーズを描いたことで、昼休みのブランクは消え、この頃には受講者の誰もが、全身を時間内に描き切れるようになっていた! 余計な線も減り、「1本の線が、一発で」描けている。


東村アキコ(以下、東村) もう、3分でも余裕が出てきたでしょう。これを20分に戻すと、1時間に感じられるようになっているはず。20分あれば、絵画を1枚描くくらいの感じで描けるよ。


「そろそろ浴衣を着てもらいましょう」。東村さんが、持参した浴衣を女性モデルに着つけた。
浴衣などの小道具はすべて東村さんの私物!



東村 浴衣は、首元とか皮膚から浮いている部分に、隙間ができるでしょう。そこを描いてね。

漫画だと浴衣や着物を描く機会がきっとあるから、一度しっかり見て描いておくといいと思います。


5分を2ポーズ。その後、座って花を持ったポーズを7分で。
東村さんの作品。「着物が好きなんです。布の感じとかに酔いしれながら楽しく描きました。ちょっと少女漫画が入っちゃったんですけど」


男性モデルは5分を3ポーズ、3分を……と、午後はとにかく数をどんどんこなしていく。


東村 クラクラしてきた?……っていう時に、うまいのが描けるのが、クロッキーだよ。
青野寧々さんの作品。



16:30~ クロッキー教室〈中間報告会〉

ここまで描いてきた中で、一番気に入った絵に名前を入れて提出。

部屋の中央に一堂に並べ、全員で見る。
なきぼくろさんの作品。



「地面におるな、と思って」と、なきぼくろさんが言うと、東村さんも「おるおる! 地べたにおるよ。これは、べったり胴体が地面にのっている感じだね。部屋に飾ってもいいと思います!」

他の受講者にも東村さんは、


「重心がばっちりきてる。今日だけは偉そうに“先生”として開き直って言うけど、うまくいってる絵って、重みが上から足に“すとん”ときてるんです。グラグラしてないっていうか、『立ってるな』って感じがするのが、いいクロッキー。これは立ってるね!」

「うまく描けてる絵は、力が抜けてる

「似てる! 似てるってすごく大事

モデルに酔いしれて描いているムードが絵にないとね」


など、ひとつひとつ丁寧にコメントしていく。



16:45~ クロッキー教室〈夜の部〉スタート!

クロッキー再開。ここから夕食までは、ノンストップ。

受講者の疲れもピークに達し、空気が重い。窓を開けて換気をする。

と、ここで新しい男性モデルが登場。ピーコートを着ているのを見た東村さんは、「コートを着たまま、2分でどんどんポーズを変えていってください」と指示。


東村 全部のポーズを描けとは言いません。いいな、と思った時に描くくらいの感じでいいですよ。


スタートすると、モデルさんが、動く、動く、動く! 東村さんが何も指示しなくても、「ジョジョ立ち」のような凝ったポーズをどんどん繰り出していく。


東村 新風が吹いたねえ~。よどんでた空気がリフレッシュした。


一気に場が活気を取り戻し、みんなの顔にも笑みが!
さとう柏花さんの作品。
※さとうさんのプロフィールはこちらをご覧ください。
谷口千昂さんの作品。



3人目の女性モデルは、ふわっとした長い髪が特徴的。2分を6ポーズ。みんなが、のって描いているのがわかる。

ここで東村さんが女性モデルに断りを入れ、「三つ編みも描いておくといいから」と髪を編む。さらにジャケットを着せ、バッグを持たせ、男性モデルと組んでポーズをとってもらう。
谷口千昂さんの作品。



東村 だんだん、見て描いたほうが早くなるでしょう。


ヌードの段になると、男性モデルは美しい坊主頭で登場(着衣時は、ウィッグを被っていた模様)。椅子に座っても、次々とポーズを決めていく。

女性のヌードはリラックスしたムードで。

その後は、男性モデルで1分を7ポーズ。女性も同様に。

どんどん描く。もう、迷っている暇も、余裕もない。みんな「ハイ」になっていることが、空気で伝わってくる。
さとう柏花さんの作品。



「じゃあここで長い時間に戻します。10分で」。男性モデル、女性モデル、それぞれ10分ずつ。ものすごく長く感じる。欲が出て、逆に線に迷いが出る。


東村 最後の10分は、ちょっと意地悪なんです。1分のノリノリの時の楽しさがなくなる。やっぱりここか、という自分の欠点がまたわかってしまうから。でもうまくなってはいるんだよ。
河部真道さんの作品。



最後の10分、終了。

みんな、魂の抜けたような顔になっている……。



20:00~20:30 夕食

東村さんの「お疲れさまでした!」の音頭で乾杯。

この後に報告会を残してはいるものの、昼食時とは違い、笑顔も多い。おかずを肴にビールを飲む人もちらほら。

「ジョジョ立ち」をしてくれた最後の男性モデルが、「今後の参考にしたい」と報告会まで残ってくれることになり、夕食を共にしながら受講者たちと話が弾む。



20:30~ クロッキー教室〈報告会〉スタート!

ここからはモーニング編集長も参加し、今日1日の感想を一人ずつ発表する報告会が開始。

まずは東村さん自ら、クロッキー帳をめくりながら報告を始める。


東村 お疲れさまでした。今日クロッキーを8時間続けてやってみて、みんながどう変化したかを話してもらいます。

まず私から言うと……最初、久しぶりだったので、勘がにぶっていて。毎日漫画の原稿を描いているので、やっぱり漫画のキャラみたいになってしまいました。手も脳みそも、漫画モードになっていた。

チャコペンに替えて、細かいことを気にせず勢いでいこうと思って描くうちに、クロッキーは全体のボリュームをぱっとつかむ作業だったな、と思い出しました。浴衣を描くのは楽しかったですね。

みんなは、苦労したこと、楽しかったこと、反省点、自分にどんな変化があったか、今回の経験を漫画にどう活かせるかを話してください。特に最後の、「漫画にどう活かせるか」は必ずね。

【2限目】 『東村アキコのクロッキー教室』密着レポート [後編] 全2ページ中1ページ目

  • 感想を送る
  • 更新情報

公開中のエピソード

プロフィール

門倉紫麻(かどくら・しま)
1970年、神奈川県出身。漫画ライター。
Amazon.co.jpエディターを経て、フリーライターに。「FRaU」「ダ・ヴィンチ」「レタスクラブ」などで主に漫画に関する記事の企画・執筆、コラムの連載を行う。
著書に、「ジャンプ」作家に漫画の描き方を聞く『マンガ脳の鍛えかた』、宇宙飛行士らへのインタビュー集『We are 宇宙兄弟 宇宙飛行士の底力』『We are 宇宙兄弟 宇宙を舞台に活躍する人たち』がある。

お知らせ »

お知らせの一覧へ

新着Webコミック »

アクセスランキング