グレープフルーツムーン(第38回イブニング新人賞 奨励賞)(2018/03/13)

受賞者コメント

 この度は奨励賞を頂きまして大変嬉しく思います。今作は自分の感情をさらけ出し、思う存分に描きました。荒削りで漫画の基礎の部分がまだまだですが、このような賞を頂けて本当に光栄です。読者に楽しんで頂こうという気持ちより、自分の想いを誰かに伝えたいという気持ちが先行した漫画です。今後は読み手にわかりやすく、もっと共感してもらえるような漫画を描いていきたいです。これからも大切にしていきたいのは「情熱」と「激情」です。熱量はそのままで、描き狂っていきたいと思います!

朝霧カフカ氏講評

 背景がなく、人物の爪先までの絵もなく、2人以上の人間が位置関係を見せる絵もないので、これは厳密には漫画ではない。ないのですが、謎の吸引力がある。あとは「芸術家」から「商業作家」にどう化けられるか。「悪いけど、華を持たせるつもりはないよ。僕には殴り合いしかないんだ」というセリフは本当にカッコよくて、伸びしろを感じました。

【第38回イブニング新人賞】最終審査結果はこちら!

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

長谷川周大(はせがわしゅうだい)