ストーリー

アル中で鬱の母親から虐待を受けつつも、一心不乱に勉強する愛。酷い言葉をぶつけられても幼い弟が死んでしまっても、未来を摑むため、愛は切実に努力を続けていく。

ちば先生より

「ごめんね、ごめんね」と言いながら娘を傷つけるアル中の母親の描写にすごく迫力があって、読んでいてつらくなってしまうお話だったね。母子の関係がリアルなだけに、主人公を助けてくれる「徳ちゃん」との関係がわかりにくかったりもしたけど、これだけ重い話をきちんと描き上げたことに、実力を感じました。

受賞のことば

描いているときはもう必死で、とにかくいま出来る精一杯と思って出しました。嬉しい限りです。ありがとうございます。(春田氏)

担当編集より

すべてのキャラにリアリティがあるが、特に母親の描写は圧巻。読者の心を揺さぶる作品を描ける点に、大きな可能性を感じます。


うつくしい子ども(2016/01/28)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

春田りょう(はるたりょう)
東京都・28歳