ストーリー

地球になじむために、「家族」という共同体をつくって暮らしている宇宙人たちの日常を描いたショートストーリー。宇宙人から見た人間の「オカシイ」部分を、淡々とユーモラスに描いた秀作。

ちば先生より

独特の軽いタッチで描くからこその面白さがある作品。作者は何か描きたいものを持っているんだろうな、ということはわかるけど、それをまだ表現しきれていない印象を受けた。もっと読者が感情移入しやすいキャラクターを設定してみるともっとよくなるかもしれない。


宇宙人家族(2018/06/14)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

三川嶺(みつかわ・れい)
東京都・26歳