ストーリー

女子高生・神宮寺花音には「明確」な理想の男性がいた。それは地味でさえないセクハラ教師・久世原涼一。彼女は、歪んだ欲望を受け入れ愛情を注ぐことで、恋が生まれ彼が「王子様」になると信じているのだが……。

ちば先生より

一見清純派に見える容姿と言動の主人公・花音。どこの学校にも必ずいそうな、何とも陰湿で、暗い過去を持つ担任教師・久世原。それに、爽やかな風貌で花音を唯一理解して付きまとう風牙の微笑ましさ。初読からまったく迷わずに楽しめました。

受賞のことば

原稿の大半を実家のリビングで描いていました。こんな怪しげな漫画を描いていても、何も言わず見守ってくれた両親に感謝します。(汐里氏)

担当編集より

人物の造形・表情に強いオリジナリティがあり、読む人に強い印象を残す絵が描けます。これからどんなキャラクターを作り出していくのか予想がつかずワクワクします。

妄想少女(2013/11/28)

  • 作品情報
  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

汐里
汐里(しおり)
『妄想少女』で第64回ちばてつや賞大賞受賞。『4D』 が初の週刊連載となる。

作品紹介ページへ

単行本情報 »

  • 妄想少女

    モーニング

    妄想少女

    汐里

    発売日:2014/10/23
    定価:本体600円(税別)

単行本の一覧へ