ストーリー

中学生の楓は、親友のさくらから花火大会に行こうと誘われる。けれど、ちょっとしたタイミングの問題で、楓は家族の予定を取ってしまう。ほんの小さなひずみがきっかけで、変わっていくふたりの関係性——。

ちば先生より

とても伸び代のある作者だと思う。主人公たちの年代特有の言葉のやりとりや雰囲気をとてもよく表しているね。すっきりした気持ちで読み終えられたので読後感もよかった。ただ、絵をあまり簡略化しすぎると、乱雑に見えて分かりづらくなるから気をつけたほうがいいね。

受賞のことば

この作品を選んで頂きありがとうございます。特別な所へ連れて行ってくれる切符をこっそり頂けたような喜びと畏怖がありました。今回たくさんの方々の支えで何とか挫けず描き上げることのできた私自身の為の作品だと思っています。今後は読者の方々にとって少し特別な切符となれるような物語を紡いでいければと思います。


グラデーション(2018/12/13)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

桐山けい(きりやま・けい)
東京都・28歳