ストーリー

人類が地下で生活を送るようになった世界で生きる、一組の姉弟。貧しくも手を取り合って生きる二人の体には、とある秘密が。そしてある日、「絶望」が彼らを襲う——。

ちば先生より

これだけの大作をまとめあげたのだから、忍耐力、持続力は並大抵のものではないと思う。この作品を仕上げたことで、作者は漫画家への一つ大きな階段をのぼったと言える。設定の複雑さも相まって、何度もしっかり読まないと理解できなかったのが難点の一つだった。

担当イチ押しポイント

幼い主人公を襲う世界の残酷さと、心かき乱すラストに魅了されました。ページのめくりも効果的で、読者を先に先に引き込む作りになっていると思います。


絵の具(2018/06/14)

  • 感想を送る
  • 更新情報

プロフィール

五月ヨシサト(ごがつ・よしさと)
東京都・39歳